深山織作家 川上裕子さんインタビュー後編~草木の優しさをいつも傍に~

風穴の里に隣接するみどの工房で深山織を創作活動をしておられる川上裕子さんへのインタビュー後編。
前編では、深山織のはじまりや、深山織に裕子さんがどんな風に関わってこられたかをうかがいました。
後編では、深山織の最大の魅力ともいえる、「素朴な色合い」について。裕子さんが身の回りの草木を使って染める「草木染」のお話を中心にうかがっていきます。
※前編はこちらから

身近な草木から染まっていく色の優しさと不思議さ

風穴先人

深山織についてお話をうかがうほどに、興味がわいてきます。私も織ってみたくなってきました。
ところで、草木染の糸を織物の素材に使われているということですが、実際にどんなもので、どんな風に染めているんですか?

川上裕子さん

基本的には、身近にある草木を使って染めています。例えば、このピンクっぽい糸は赤麻(あかそ)と言って、この近くに自生している植物から染めています。この茶色い糸は、イチイの木から。それと、この黄色い糸はキハダの樹の幹をはいだものから染めています。藍の生葉を使うこともあります。

風穴先人

どれも、なんとも言えない優しい色合いですね。なんだかホッとする色です。
このキハダの黄色はとても鮮やかですね!すごくきれいです。

裕子さん

黄色い色は特に鮮やかに出やすいです。キハダは、昔から胃腸の働きを整える薬などとして服用されていたようです。
不思議なもので、キハダ以外にも、草木染の材料と薬草は、リンクする部分が多いんですよ。

風穴先人

それは不思議ですね!
これらの材料から、どんな風にこんな色に染まっていくのでしょう?

裕子さん

鍋に染料となる草木の材料を入れて、鍋でぐつぐつ煮たところに、糸を浸していきます。
ものによりますが、数十分浸して、液から取り出し、色の様子を見ながら何度か液に浸す作業を繰り返します。
そして、色を定着させる定着液につけて、染まっていくんですよ。

染物もおもしろそうですね。私もやってみたくなってきました。

裕子さん

ぜひ。身の回りにある花や草などから、まずは身近なもので、ハンカチを染めてみるといいと思います。

この土地の景色や大切な思い出を思い起こすきっかけに

風穴先人

裕子さんの作られた深山織を手に取った方に、作品を通してどんなことを伝えたいと思っていらっしゃるか、聞かせてください。

裕子さん

そうですね。その質問と少し外れるかもしれませんが、作品を手にしてくれた方にとって、織物が、この辺りの自然の景色を思い出すきっかけになれたらいいなとは常々思っています。自分自身も、旅に出かけて、たくさんのものを見たり感じたりするなかで、全ては覚えていなくても、帰ってからも鮮明に残っているものや、ふと思い出せるものってあるなと思うんです。そんな風に、深山織を身近に置いていただくことで、この土地の思い出がふわっと蘇り、いつまでも忘れられない大切なものを、いつでも思い起こせるような、そんなものになれたらと。そのためにも、使い勝手がよく、いつも傍に置いてもらえるものを、これからも作っていけたらと思っています。

風穴先人

裕子さん、素敵なお話をありがとうございました。
お話から、深山織の魅力がとても伝わってきて、私も今すぐ体験したくなってきました。
ちなみに……私にもできそうですか?

裕子さん

もちろんです。体験は小学生から受け付けていますよ!足が届けばどなたでもできます。
コースターなら15分くらいでできますし、花瓶敷きでも30分くらいでできちゃいます。

風穴先人

そうなんですね!では、急ですが今から体験させてください!

どうぞこちらへ!

ということで、インタビューの後、優しい裕子さんのお言葉に甘えて深山織でコースターの機織り体験をさせてもらいました。

裕子さんの手引きに従って織りを進めていくと、お話しにあったとおり、段々と模様が見えてきます。楽しい!確かに、はじめは全く予想ができなかった景色がそこに現れてきて、気づけば夢中になって織り進めていました。

※通常、体験で制作した織物は、後日郵送されます。手に届くのを待つのも楽しい時間ですね!

見る人によって異なる景色が見えてくる深山織の世界

裕子さんの織る深山織のその模様は、時に草木など自然が映し出す景色のようでもあり、ち密な計算に基づいて現れてくる美しいデザインであったり、たて糸・よこ糸の組み合わせの妙から、偶然に生まれる美しさもあったり……。実に多種多様な表情を見せてくれます。この土地で刻んだ思い出の景色が一人一人違うように、深山織も手に取る人によって、きっとそれぞれ違う景色が見えてくるような気がします。

皆さんも、この土地の自然素材をいかして作られ、自然のあたたかさを感じられる「深山織」の奥深い世界に、ぜひ触れてみてください。

深山織の体験について詳しくは、深山織体験のページをチェックしてみてくださいね。

フォローはお気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です